ABOUT

結成秘話

関西出身。結成当時、コンビ名を決めようと居酒屋で打ち合わせを行ったが、アイデアが浮かばずに迷った末「次に聞こえた単語をコンビ名にする!」と決めたところ、店員さんの「日本酒入りましたー!」の掛け声とともにコンビ名「にほんしゅ」が決定。
数年後、生粋のお酒好きのコンビでコンビ名もにほんしゅなのに日本酒について2人とも何も知らない事にようやく気づいた北井が「日本酒について学ぼう!」と、きき酒師の弟分的資格、日本酒ナビゲーターを取得。
そのセミナーの先生との出会いから日本酒の世界へと導かれる。

上京し、日本酒を猛勉強

日本酒の魅力に感銘を受けた2人は、2014年6月、意を決し当時の所属事務所を離れ上京し、北井が取得した日本酒ナビゲーターの先生の実家である千葉県の酒販店「リカープラザ大越酒店」でコンビ揃って働きながら日本酒を猛勉強。酒修行に励む。

もともと大のお酒好きではあるが、資格には全く興味がなかったあさやんも、日本酒の勉強をしていく内にどんどんと日本酒の魅力にハマり、「北井に日本酒のことで負けたくない」という想いから、2014年9月、2人同時にきき酒師の資格を取得。
それを機に同年10月1日「日本酒の日」に、漫才コンビ「にほんしゅ」を再結成。
リカープラザ大越酒店の地下にある直営の居酒屋「銘酒の里」にて週に一回お酒をテーマにした漫才「酒漫才」を披露し、ネタ修行にも励む。

世界で唯一の日本酒のきき酒師の漫才師

2015年1月、大越酒店を卒業し、世界で唯一の漫才師【日本酒のきき酒師の漫才師「にほんしゅ」】として本格的に活動を再開。
全国の日本酒にまつわるイベントにてネタ披露や司会などを行い、同年9月には北井が受験者トップの成績で日本酒学講師の資格を取得。

日本酒学講師取得後は初心者にもわかりやすい日本酒セミナーをモットーに、きき酒師のアシスタントあさやんと共に、酒漫才の復習込みの日本酒セミナーを精力的に開催。
日本だけでなく、台湾で行われた台湾最大の日本酒イベント「Sakelism日本酒主義」でも日本酒セミナーを開催&酒漫才の披露。韓国で行われた「SEOUL SAKE FESTIVAL 2017」では韓国語の酒漫才を披露するなど、「日本酒と共ににほんしゅの酒漫才も世界へ!」という想いが強くなり、2018年6月には二人同時に国際唎酒師の資格を取得。現在英語の勉強中で、英語での酒漫才も仕込み中。

現在

日本酒にまつわる漫才ネタも日々増え続け、2016年4月からは、にほんしゅが日本酒の世界へと飛び込むきっかけにもなった日本酒ナビゲーター認定講座をにほんしゅでもスタートさせ、2018年7月現在では約400名の生徒が誕生し、きき酒師や日本酒ナビゲーターの資格認定団体、NPO法人FBO(料飲専門家団体連合会)から、特別功労賞を与えられた。

全国の日本酒にまつわるイベントでの酒漫才披露や司会、セミナー講師、テレビやラジオ、雑誌やWEBなどの各種メディア出演、日本酒が置いている呑み屋さんなどで日本酒に触れながら、【食卓には呑む日本酒。話題には漫才師にほんしゅ。】を目標に邁進し、日々進化し続ける日本酒に追いつけるように日々奮闘している。

INTERVIEW & ARTICLE

PageTop